神戸市 灘区の麻酔科、ペインクリニック内科、循環器内科、漢方・アレルギー疾患内科

井上クリニック
078-851-6465
当院について

マスコミ掲載情報

診療時間

お問い合わせ

【駐車場】
クリニック下にパーキングが3台あります。
1時間駐車無料チケットをお渡ししていますので、お申し付け下さい。

院長あいさつ

院長あいさつ

はじめまして。
井上クリニックの井上隆弥と申します。
昨年の8月に先代院長である井上重弥の医院で
あった井上医院を継承し、井上クリニック
として引き継がせていただきました。

私は平成5年に大学を卒業したのち、同年に
大阪大学医学部麻酔科学教室に入局しました。
当初より痛みの診療の面白さ、難しさ、
不思議さに魅せられ、痛みの診療を専門とする麻酔科医(ペインクリニシャン)を
目指す決心をいたしました。

痛みの診療をはじめた頃より神経ブロックを始めとする西洋医学だけでは
痛みの治療は難しいと感じており、漢方医学の勉強を独学で行っておりましたが、
平成18年より6年間、大阪大学医学部漢方医学寄付講座にて勤務する機会を
得ることが出来ました。

その中には痛みの病気だけではなく、今まで見る機会の無かった
「アトピー性皮膚炎」「慢性関節リウマチ」「SLE」をはじめとする膠原病などの
「慢性炎症性疾患」などから「むずむず脚足病」「慢性疲労症候群」、
さらに「不妊症」「月経不順」「抗がん剤の副作用」まで様々な病気が
ありましたが、それらの病気の東洋医学的な治療経験が、私の痛みの
漢方治療に応用できるようになったと感じております。

井上クリニックは「麻酔科、ペインクリニック内科、循環器内科、漢方内科」
を標榜しているクリニックですので、患者さんの疾患は
多岐に渡りますが、専門にしている診療の1つが「痛みの診療」です。

当院では西洋医学と東洋医学の双方の医学を併用した診療を行っています。
どちらかに偏ることなく、「体の内側から治す」できるだけ「体に優しい治療法」を
選択して、患者さんの病気を和らげる努力をしていきたいと思っております。
その体に優しい治療法の筆頭が漢方治療です。
漢方は「痛みの治療」に限らず、風邪や便秘といった一般的な疾患から、
アトピー性皮膚炎や喘息、難治性の皮膚病などにも非常に有効であると
思います。

「長く飲まないと漢方は効かない」と、一般の方には思われていますが、
決してそのようなことはありません。
病態によっては、内服したその場で効き目が現れてくる事もありますし、
1-2週間の内服で長年苦しまれてきた症状が楽になってきたということは
よく経験するところです。
風邪の初期症状などは西洋医学より漢方薬のほうがより効果的であると
思いますしアレルギー性鼻炎などは抗アレルギー薬と漢方薬の併用が
最も効果的なのではないでしょうか。

「西洋医学的な治療を長く続けてもなかなか良くならない方」や、
「痛みの治療でお困りの方」そうでなくても漢方による治療を望まれる方は
ぜひ一度ご相談ください。

 

院長略歴


学歴

・平成5年 3月
 北里大学 医学部 医学科 卒業

・平成11年 3月
 大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了

職歴

・平成 5 年 4月―5月
 大阪大学医学部附属病院において臨床補助の研修に従事

・平成 5 年 6月―平成 6 年5月
 市立豊中病院麻酔科 医員

・平成 6 年 6月
 (大阪大学医学部附属病院)麻酔科医員(研修医)

・平成 7年3月―平成11年3月
 大阪大学大学院医学系研究科 博士課程

・平成11年 4月―6月
 大阪大学医学部研究生(麻酔科学)

・平成11年 7月―平成13年6月
 済生会中津病院麻酔科医員

・平成13年 7月―平成17年5月
 大阪大学大学院医学系研究科麻酔・集中治療医学講座
 助教兼外来医長、病棟医長

・平成17年 6月―平成17年 12月
 NTT東日本関東病院ペインクリニック科国内出向

・平成18年 1月―平成23年3月
 大阪大学大学院医学系研究科漢方医学寄付講座 助教兼医局長

・平成23年4月―平成25年3月
 大阪大学大学院医学系研究科麻酔集中治療医学講座 助教

・平成25年4月
 井上ペインクリニック 院長就任

資格

・日本麻酔科学会麻酔科指導医

・日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医

・日本東洋医学会漢方専門医

・日本頭痛学会頭痛指導医

・日本医師会認定産業医

・日本医師会健康スポーツ認定医

役職

・日本ペインクリニック学会評議員

・日本ペインクリニック学会関西支部評議員

 

非常勤医師 

石原隆行 先生
専門 循環器内科
診療日 毎週月曜日午後