神戸市 灘区の麻酔科、ペインクリニック内科、循環器内科、漢方・アレルギー疾患内科

井上クリニック
078-851-6465
こんな時は

マスコミ掲載情報

診療時間

お問い合わせ

【駐車場】
クリニック下にパーキングが3台あります。
1時間駐車無料チケットをお渡ししていますので、お申し付け下さい。

生理痛、生理不順、更年期症状

これらの症状は太古の昔から存在しており、古くは「血の道症」と言われた
病態です。

生理痛、生理不順、更年期症状などは、女性の皆さんがすべてその痛みや
苦しみに悩まれるわけではありませんが、非常につらい症状に苦しまれる方も
数多くおられるのは事実だと思います。
大半の方は、市販の痛み止めをそのつど早めに服用することで、
痛みを紛らわされています。

しかし、その頻度が多くなるとその痛み止めがだんだん効かなくなったり、
痛み止めのために胃を悪くしたりと言うことが数多く見受けられます。
そのような時に漢方薬を使うと、それまでなかなか良くならなかった生理痛が
軽くなると同時に生理不順が整ったり、またそれと同時に頭痛や手荒れが
治る
と言った事も数多く経験しています。

のぼせやほてり、足の冷えなどの更年期症状もそうですが、閉経とはほど遠い
10-20代のかたでも時折見受けられます。
女性は繊細なホルモンのバランスによって性周期が調整されています。
そのためいったんバランスが狂うと更年期のような症状が出やすいのだと
思います。産婦人科ではホルモン注射などを行いながら治療をされますが、
その前に漢方を試されてみてはいかがでしょうか?

患者さんの体質と、生活習慣、性周期に沿った漢方薬を選ぶことが、
この種の症状を緩和させる要点ではないかと思っています。

使用する漢方薬は「温める」「冷ます」
「むくみをとる」「循環を改善させる」
漢方薬を中心として、様々な漢方薬をミックスして
使っていきます。
他院で「他に治療法が無い」「やる事はもうない」
と言われた方は「しかたがない」とあきらめずに、
ぜひ一度漢方薬による「血の道症」の治療を
試されてみることをお勧めいたします。

このような症状に